中国旧正月2018年の「春節」いつ?

2018年の中国旧正月である「春節」いつでしょうか?

旧正月(春節)とは?
春節(しゅんせつ)とは旧暦の正月=太陰暦(旧暦)の正月の呼称のことで、中華圏で最も重要とされる祝祭日です。
中国では新暦の正月(元旦からの三が日の)に比べで春節は盛大に祝賀されます。

中国(中華人民共和国)では春節には数日間の祝日が設定されており、中華人民共和国のみならず東南アジアや世界各地でも祝われる祝日で、
香港、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム(テト)、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、モンゴルでも国定の休日となっています。

ちなみに中華人民共和国では春節は国定祝日とされ、『労働契約法(労動合同法)』では2015年から除夕から始まる7日間を祝日としています。
その前後は都市部から地方に帰省する人々で中国の公共機関は大混雑となり、この交通の大混雑を春運と呼びます。

2018年 春節 期間
2018年 春節 中国
2018年 春節 いつ
2018年 春節期間
2018年 春節 台湾
2018年 春節休暇
2018年 春節祭
2018年 春節 カレンダー
2018年 春節 韓国
2018年 春節 横浜中華街

中国旧正月2018年の「春節」いつ?

2018年の中国旧正月にあたる「春節」は2月16日(金)です。

中国では伝統的に、春節に先立つ行事として旧暦12月24日に大掃除をして竈の神を祭るという風習があります。
春節の前日を日本の「大晦日」のように「除夕」と呼び、特別な食事を食べるます。

一般に鶏や魚を食べるとされるますが、広大な中国の中では地方により正月料理も大きく異なります。
北方では餃子を南方では一年が甘くなるようにとの願いを込めて糖蓮子などを食べる習慣があります。

⇒長崎 ランタンフェスティバル 2018

爆竹と獅子舞が印象的な春節

家の入り口には春聯や年画などを貼り、また窓などに剪紙(切り絵)を貼り、
爆竹を盛大に鳴らすのは中華圏の春節の特徴で芸能としては獅子舞が踊られるます。

春節では、拝年という習慣があります。拝年は旧正月の起床後に年配者に対して長寿を祝う言葉を述べ、
その後近隣住民や知人と春節を祝う言葉を述べ合うもので、日本の「あけましておめでとうございます」に似ています。

子供には赤い袋(紅包)にはいった圧歳銭(お年玉)を渡し
家庭では春節用の衣装を用意し、新年の華やかさを演出するだけでなく、新年に幸運をもたらす意味を持たせています。

日本のお正月の起源も「春節」のようですね。

中国旧正月「春節」の影響は

春節では家族の団欒が重んじられるため、春節前後は帰省者や休暇期間を利用して観光旅行をする人々も多く交通量が極端に増加します。
春節では、全世界で中国人の大移動が起こり、航空券やホテル代などの高騰がおきたり、世の中がストップしてしまいます。
この時期はインターナショナルスクールなども休みになったり、また交通事情はかなりすごい混雑がおこります。

日本への中国からの観光客の流入もこの期間がピークとなります。
また、中華圏の行く際にはいつからが旧正月かを把握して、混雑に巻き込まれないように注意しましょう。

中国の大晦日(2018年は2/15)に放映される中国版紅白歌合戦(春晚)は中国での閲覧者数は7億人とも言われています。
春晚はネットが発達した現在、インターネットを通じてniconico動画(同時通訳で日本国内でも5万人の視聴)、
CCTVオフィシャルyoutube,facebook等のウェブ上で日本からも閲覧できます。

2018年旧正月/春節休暇について

benniaotang / Pixabay

中華圏における2018年の春節休暇は以下のように予定されているところが多くあります。
春節休暇は2/16(金)の旧正月から5日~6日ほど休みがとられます。
随分、長く休みが取られるものですね。

2/15(木)日本の大晦日にあたる日
2/16(金)旧正月(春節)
2/17(土)休み
2/18(日)休み
2/19(月)休み
2/20(火)休み
2/21(水)休み
2/22(木)たぶん休み
2/23(金)お正月モード
2/24(土)お正月モード
2/25(日)お正月モード
2/26(月)実質的本格稼働

2018中国の祝日カレンダー

2018年の旧正月(春節)は2月15日(木曜日)から2月21日(水曜日)までの7連休となっています。

www.mocacafe.tokyo://holidays-calendar.net/calendar/china_calendar.html