大谷翔平の通訳 水原一平身長や経歴は日本ハムの通訳だった

  • 2018-4-8
  • 大谷翔平の通訳 水原一平身長や経歴は日本ハムの通訳だった はコメントを受け付けていません。

大谷翔平の通訳 水原一平の経歴が話題です。

投打に快進撃が止まらないエンゼルスの大谷翔平選手。特に打撃での3試合連続ホームランは凄かったですね。

そんな大谷翔平選手の1号ホームランの時、チームメートとともに
大谷選手のハイタッチをすかしている人がいました(笑)

大谷さんが通訳の水原一平さんです。

ハイタッチをすかすくらい、この二人妙に仲がいいようなんですね。

大谷翔平の通訳の水原一平さんの大谷選手と並んだ時の身長や経歴が気になりますね。

大谷翔平の通訳の水原一平さんとは

独身の大谷翔平選手の米国でのひとり暮らしのサポートをしているのが通訳の水原一平さんです。

通訳といっても、ただ語学ができるだけでは務まりません、
日本の誇る超大物ルーキーの大谷翔平が大リーグで活躍できるように様々な面でのサポートが必要です。

よく日本の野球でも外国人選手と通訳との相性が成績の左右をすることもあるようです。

なので、通訳の水原一平さんと大谷選手の相性は気になりますが、その付き合いはどれくらいなのでしょうか。

実は通訳の水原一平さんの実家はなんと!
エンゼルスの本拠地アナハイムにあるそうなんです。

いったいこの二人はどうやって知り合った仲なのでしょうか?

水原一平さんの身長は?

さて、水原一平さんの身長についても様々な話題があるようです。
通訳の水原一平さんは野球選手のように身長や体重は公開されていません。

しかし、大谷選手と並んでいる水原一平さんの写真はいっぱいあってこの写真の
水原一平さんの身長について結構高いのではという声がいっぱいあります。

大谷選手の身長は193cmもあるんですね。

しかし、その身長は193cmの大谷選手と並んでも引けをとらない
水原一平さんの身長は185cmくらいはあるのではないかと思われます。

大谷翔平の通訳 水原一平さんの経歴

大谷翔平選手の通訳をつとめる水原一平さんですが
北海道苫小牧市出身の年齢は、32歳(2018年4月現在)

北海道出身の水原さんですが、
日本料理の板前の父の仕事の関係で6歳でロサンゼルスへ渡米します。

その当時、ロサンゼルス・ドジャースに野茂英雄選手在籍していたことから日本人である水原一平さんも小さいころからメジャーリーグに興味を持つようになったそうです。

そして岡島秀樹投手がメジャーリーグ(ボストン・レッドソックス)在籍時に通訳を担当します。
やはり、日本人選手の通訳は日本人がいいでしょうし野球のことを知っておかないといけませんしね。

最初の水原一平さんの通訳としての仕事はボストン・レッドソックスの岡島秀樹投手でした。

水原一平 経歴は日本ハムでの通訳も

その、水原一平、野球に興味あるところからでしょうか
故郷の北海道にフランチャイズをおく日本ハムが通訳募集をしていること知り応募します。

そして2012年から日本ファイターズの通訳を5年務めます。

その間の日本ハムの外国人選手は水原一平さんが通訳を務めています。

そして、2017年、大谷選手が米メジャーリーグのアナハイム・エンゼルスに入団する
ことで、彼の通訳となるため日本ハムを退団します。

これも、数奇なことでアナハイムと水原一平さんの現在の実家であるロサンゼルスは近い位置にあります。

そして2018年2月、大谷選手とともに渡米しエンゼルスで大谷選手の通訳を担っているわけです。

大谷翔平の通訳、水原一平 さんの仕事は

なので、大谷翔平選手とは日本ハムからの旧知のなかだったんですね。
これは大谷選手も安心したことでしょうし、異国の地では非常に心強い存在となったのではないでしょうか?

まだまだ、英語が流暢に話せない大谷選手の通訳として、選手や監督、コーチなどの
指示やコミュニケーションまわりをサポートするとともに

大谷選手の練習の手伝いをしたり

通訳自らチームメートやコーチや監督とのコミュニケーションを取る

また、試合中は、コーチや監督の助言を通訳をするという重要な仕事があります。

また、野球に関する通訳としてのサポートだけではなく
大谷選手の生活の病院に連れていく、空港への送迎サポートなども
水原一平さんの通訳としての重要な仕事となっています。

水原一平さん、もちろんヒーローインタビューの時も一緒になので否が応でも有名になってしまいますよね。

大谷翔平選手の大リーグの成績を左右する水原一平さんはこの絶好調をどう思っているのでしょうか?

やはり米国でのベーブ・ルースの持つ投手として2ケタ勝利、打者としての2ケタホームランのお立ち台
ヒーローインタビューに登場してもらいたいものですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る