日傘の種類、効果的な色や効果の続く期間・期限は何年くらい続く?

日傘の効果的な色は白・黒?日傘の効果の続く期間は?

最近、夏にカラフルな様々な色の
日傘をさしている方を
よく見かけるようになりました。

日焼け止めや帽子だけでは、
夏の暑い日差しを防げないですよね。

そこで、日傘の種類や効果的な色。
日傘の効果が続く期間や期限など、
日傘の効果について調べてみました。

日傘の種類は?

UVカット、サンバリア、遮光、
紫外線から肌をまもる、

日焼け防止、
などと書かれた日傘が売られています。

涼しさを求める人は、
遮光率の高いものを、

紫外線が気になる人は
UVカット率の高いものを選んでください。

最近は、遮光率もUVカット率も
どちらも高めに作られているものが多くありますが、

自分の目的に合わせてくださいね。
色によって効果はかわるのか?

日傘の効果的な色は黒

涼しげなレースなどの生地を使った白の日傘は、
熱を反射するので、日傘自体は熱くなりません。

しかし、アスファルトに反射した紫外線が再度反射してしまい、
日傘の中で日焼けしてしまう可能性が出てきます。

黒の日傘は白とは反対に紫外線を吸収して防ぎます。
そのため、白の日傘よりも黒のほうが紫外線を防止する効果が高くなります。

UV加工をしている日傘は、
どの色でも効果は変わりません。

でも、日傘の内側は白よりも黒いほうが、
紫外線を防止してくれるので、内側の色を確認することを忘れないでくださいね。

日傘の効果が続く期間は何年くらいなのか?

UVカット加工をした日傘も、
その効果が期待できるのも2,3年と言われています。

効果が落ちてしまって使うことが無いように、
お気に入りの日傘も定期的に買い替えが必要になりますね。

まとめ 日傘の種類、効果的な色や効果の期間・期限

どんな日傘を使うとよいのか?
日傘もたくさん出回っているので、どのような点に気を付けて使うといいかまとめてみました。

  • 日傘の種類は UVカット加工がされている日傘がおすすめ
  • 遮光率・UVカット率の高い日傘
  • 内側の色は紫外線防止効果が高い黒っぽい日傘
  • 日傘の効果的な色は生地の厚い日傘

今まで日焼け対策をほとんど考えたことが無く、
白っぽい日傘や晴雨両用の傘を日傘として使っていました。

遮光率やUVカット率は知ってはいたのですが、
実際に買うときにはデザインや価格だけで選んでいたのも事実です。

紫外線の皮膚への影響が大きくなっているので、これからは、
しっかりUV加工した日傘やUVカット率の高い日傘を選んで使いたいと思います。

持ち運びしやすい折り畳みの日傘で、
UVカット率の高いかわいいデザインの晴雨両用があれば一番いいですね。

日傘 効果期間
日傘 種類
日傘 効果的な色
日傘 効果 期間
日傘 効果 何年